リサイクルや廃棄のコストが掛からない法人向けパソコン

パソコンはいずれ壊れるか使えなくなって処分が必要になる

パソコンは半永久的に利用できるものではありません。使い続けていればいずれなにかのパーツが故障しますし、もし、故障しなくてもインストールされているOSなどのサポートが終了してしまうからです。もちろん、OSを新しいものにアップデートすれば使い続けられる可能性はありますが、新しいOSを動作させるには性能のいいCPUが必要になってくるので、古いCPUが搭載された機種では使えず、結局は利用を諦めるしかないのです。
では、パソコンを処分するとなった場合はどうするのかというと、基本的にメーカーに送ることになります。市町村に委託されたゴミ回収業者に不燃ゴミや大型ゴミという扱いで持っていってもらうことはできません。法律で、パソコンはメーカーが回収を行ってリサイクルすると決まっているからです。

リースしている法人向けパソコンなら処分費用を支払わずに済む

メーカーにパソコンを送る場合、本体にリサイクルマークと呼ばれるものが印刷されていれば費用はかかりませんが、印刷されていない機種の場合、ユーザーがリサイクル費用を負担しなければなりません。もちろん、パソコンが家庭向けでも法人向けでも同じです。
ただ、法人向けパソコンの場合、リサイクルマークがついていないものでも、無料で回収してもらえる可能性があります。それは、本体をリースしている場合です。
パソコンのリースは法人向けで特に多く行われており、契約期間を決めて、毎月リース料を支払って利用するわけですが、契約が終わったらリース会社に返却します。つまり、借りていたものを自分のものにして捨てるのではなく、持ち主に返すので、処分費用は不要なのです。